アート引越センターの引越料金が半額になる!?

アート引越センターの引越料金が半額になるお得な見積もり方法をご紹介しています。手間なし簡単、数分でできる方法です!

*

アート引越センターの引越料金を【半額】で済ませる方法って?

 

アート引越センターの引越料金は、大手ということもあり比較的高めに設定されている印象があります。

以前実施したアンケートでも、赤帽や地元の運送業者などと比較すると、倍近い価格で依頼した方もいらっしゃいました。
(あくまで100人程度のサンプルアンケートでしたので、ご参考までに)

ただ、利用者の方から話を伺うと、やはりサービス品質は良いようで、「価格さえ安くなれば次回も依頼したい」というご意見が多かったのも印象的です。

新居に入るときにお辞儀をしてから入ってきてくださった。

ご近所へのご挨拶の品を用意していてくれてありがたかった。

引っ越し先では靴下を履き替えてきれいな靴下で搬入してもらえた。

梱包は自分たちでやるプランだったが、一部の引き出しにものが入ったままになっていたのを、丁寧に梱包してくれた。

などなど、大手で社員教育をされている会社ならではのサービス品質がうかがえます。

こうしたサービス品質が価格にはね返ってきているのだとはわかりますが、それでも、もう少し安くなればいいのに、と思うことはありませんか??

実は、それがあるんです。

引っ越し料金のからくり・価格設定はこうして決まる。

引越業者の営業マン引っ越し費用は

作業員の人数×作業員の拘束時間+トラック等設備の利用料

でだいたい決まります。

つまり、作業員の人数が多く、拘束時間が長くなればなるほど、基本的に料金は上がっていきます。

これはアートに限らずどこの運送会社でも同様です。

梱包材や運送の歳の保険料などが占める割合は、引っ越し費用全体からすると微々たるものです。

つまり、引っ越し費用=スタッフの給料とトラックの購入費・維持費、といっても過言ではありません。

よく見てみるとわかりますが、これって固定費ですよね?

固定ということは、引っ越しの依頼があろうとなかろうと、毎月ほぼ固定額で発生してしまうものだということです。

ということは、引っ越し業者からすると

依頼が来たお客さんを獲得する ⇒ スタッフやトラックの活用が出来て黒字

依頼が来ない(もしくは依頼を取り損ねる) ⇒ スタッフ、トラックに空き時間が出来てしまい赤字

となるわけです。

なので、営業担当はなるべく空きを作らないように、
見積もり依頼が来たものにたいしては、ガンガン値引きをしてでも受注していくわけです。

繁忙期(1月~3月)ならともかく、それ以外の時期は引っ越し業者もスタッフやトラックに空きがありますから、
値引きしてでもこれらの資産を有効活用したい、とおもうため、値引き幅が大きくなります。

引越業者から最大限の値引き額を引き出す方法とは?

ですが、何もしないでいきなり「値引きしてもらえませんか?」ともちかけても、ほとんどの場合断られます。

当たり前ですが、理由の無い値引きは出来ません。

そこで必要になるのが、アート引越センターよりも安い見積書です。

地元の業者や格安業者などに見積もり依頼をして、届いた見積もりを元にアートと交渉をする、ということです。
こうすれば値引きする根拠もあり、アートの営業担当も上司に承諾を得やすくなります。

ただ、ここで一点ご注意を。

アートへの交渉材料として取り寄せるつもりで地元の業者に連絡をすると、即決を迫られたり、あの手この手で交渉をされることが多いです。

なぜならこれらの業者は、あなたが見積もりを元に他社と交渉するのを、経験則から見抜いています。

ただ単に相見積もりの材料が欲しいだけなのに、そんな苦労は避けたいですよね。

最近は引越業者の見積もりを一括で依頼、取得できるサービスがあり、引っ越し利用者に人気を博しています。
有名どころだと引越価格ガイドなどですね。

入力した住所や荷物の内容を元に複数の引越業者から見積もりを取得できる無料サービスです。

この「一括見積もり経由で届いた見積もり依頼」というのは業者側も判別できるらしく、普通に見積もり依頼するよりも安い金額(すでに値引きされた額)の見積もりが届きます。

一括見積もり=相見積もりされている、という状態ですし、業者側は一括サービス側に紹介料を払うことになるため、必死さが違うようです。

ここで取り寄せた見積もりのうち、最も安いものを元にアートの営業担当に相談をすると、その業者の見積価格と同額近くまで値引きしてくれた(つまり最初の提示価格の半値近く)ケースもあるようです。

その他の業者からの依頼は「既に依頼先が決まった」と言えばOKですし、引越が終わった後に営業してくるような業者もありえません(そんな頻度で引っ越しませんよね・笑)ので、気軽に利用できるサービスです。

引越費用が安くなって喜ぶ主婦
もし、アートの他に気になる業者が見つかったら、当然そこに相談、依頼をするのもアリです。

思わぬ優良業者、あなたの引越に最適な業者が見つかることもあるので、あなどれませんね。

引越時期は家具の買い換えなどで費用がかさむもの。
抑えられる費用はなるべく抑えて、安く引越したいですね。

引越価格ガイドを見てみる

 

公開日:
最終更新日:2015/06/23